1億円で売却されたビンテージ車の事例

車の中には、かなりレトロなデザインの物があります。昔の雰囲気を感じる車なのですが、しばしば高額売却が成立しているようですね。中には驚くような売却額になる車もあり、最近では1億円で売却された事例もあるのだそうです。

 

1億での売却額が付いたフルレストアのビンテージ車

 

どのような車だったかというと、ビンテージ車ですね。ビンテージ車とは前述のレトロな車なのですが、そもそも希少価値が非常に高いです。生産台数が少ない車も多いので、総じて買取額は高めになる傾向があります。
ただしその1億の車の場合はやや特殊で、レストアが施されていたようです。レストアとは、いわゆる車の再生の事です。何せかなり古い車が多いので、ちょっと再生の施工が必要になる事もあるのです。
レストアが行われた車は総じて買取額も高めな傾向があるのですが、中でもフルレストアの車などはその傾向が顕著なようですね。現にその1億の車も、フルレストアだったようです。

 

オークションにて高額売却が成立していた

 

ちなみにそのビンテージ車の場合、一般的な車買取店で売られた訳ではありません。ネットオークションだったようですね。確かにあそこならば、1億円規模の高額落札もあり得る話です。
なお車の売却で1億を超えるようなものは、極めて稀です。数千万円で売却される事例はたまにありますが、さすがに1億はレアケースですね。
そしてこの事例のポイントは、やはり「希少価値が高い車は高く売れる傾向がある」という点でしょう。中古車のお店も珍しい車は高く評価する傾向がありますが、タマ数の少ない車は高く売れやすいですね。
それと上記の売却事例では、オークションだったのも大きなポイントですね。やはり高額売却というのは、オークションが絡んでいる事も多いようです。