車買取のお店よりも非常に高く買ったJPCの事例

車のオークション代行業者のJPCでは、たまにかなり特殊なケースを取り扱っているようです。買取店などに比べると、かなり高く買い取った事例があったからです。ちなみにJPCの方が、数十万円ほど高かったようですね。

 

買取店では査定で値段が付かなかった

 

東京にお住まいのある方の事例なのですが、その方はトラックを売却することにしたのだそうです。その方の場合、JPCに依頼をする前にまず近所の買取店で査定を受けていたようですね。
ところがそのお店による査定額は非常に低く、ゼロ円だったようです。買取店での査定では、たまにある事例ですね。ちなみに査定を受けたその方は、かなりショックを受けていたのですが。

 

大手の買取店より数十万円ほど高く売れた

 

驚いたものの、その方はJPCを通じてオークションで出品をすることにしたそうです。恐らく買取店よりは、オークションの方が高く売れるという話を聞いたのでしょう。
そしてJPCで競売に出してみたところ、結局落札されたようです。ただその金額は、驚くべきものだったようです。前述のように数十万円で売れていたからです。
ちなみに上記の方が売却したトラックは、購入額の半値で落札されていたようです。買値の半額というのは、かなりの高値ですね。一般的にはそこまで高い値段が付くことは稀なので、その方が依頼していた車はかなり状態は良かったのでしょう。
つまり一般の車買取店の中には、そのような所もある訳です。オークションと買取店の金額というのはそれ位の開きが生じる事もあるので、買取店から提示される金額は少々怖い一面がありますね。

ただ、上記のようなケースはJPCの数ある事例の中でもかなりレアなものだそうです。とはいえJPCの場合は買取店よりは高く売れる可能性が多いにある事だけは、確実と言えるでしょう。